開発委託の注意すべき点

ソフトウェアなどの開発を外部の開発会社に委託する場合、契約書に明記されていなくてもそのシステムの著作権は実際に開発を行った側にあるという部分は、基本的なマナーです。システム開発を生業としている場合、新しい形式のシステム、画期的なシステムを構築するノウハウはその後のビジネスを左右するとても重要な資産になります。

開発を依頼する側としてはそのシステムで実現したいことが満たされることが大切で、その仕組みを転売して儲けを出せるのではないかというアイディアが後から浮かんできたとしても、著作権自体は開発元にありますので、簡単に手が出せることではありません。別途契約が必要なことですし、著作権をそのまま買い取るということであればさらにその分を上乗せした費用を支払っておくべきです。

大規模な案件では、構築するシステムが他社に流れていかないように著作権を買い取ることを前提とする場合もあります。開発側としてもワンオフ前提の専用システムを開発するとなれば見積り金額も変える必要があるため、そのようなことは前もって確認しておくことが必要です。パッケージ化されているソフトウェアを利用する場合は、基本的にはそのようなことを検討することはないと考えて差し障りありません。